So-net無料ブログ作成

サン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会のコンサート~~~9月24日 [芸術鑑賞!]

20120924サン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会ピアノコンサート.jpg
サン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会でのピアノコンサートの模様


今日は曇り・・・

お昼からの講義のために外に出たら、雨上がりで生暖かかったです。

講義室でも、上に羽織っている物を脱いで、下着じゃないの!っていうような格好した女子学生がチラホラ・・・


講義が終わって1時過ぎに外に出たら、ちょっぴり涼しく感じました。



午後の授業がすべて終わった夕方7時過ぎ、私はアパルトマンに帰る途中で、バゲットを半分と、赤ワインとテリーヌを1切れ買いました。
これで晩ご飯の支度はOK♪
帰宅して、荷物を置いてから、シテ島の方向に向かって10分弱歩いてサン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会(Eglise Saint-Julien-le-Pauvre)にたどり着き、教会の入口で18ユーロのチケットを買いました。
20120924サン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会.jpg
サン・ジュリアン・ル・ポーヴル教会

そして、いよいよ夜8時からはピアノコンサートが始まりました♪

今日のコンサートは、「LIST&CHOPIN」と銘打って、Rhapsodies Hongroises, un Sospiro, Mazeppa, Reve d'Amour(Liebestraum), La Campanella, Nocturnes, Valses, Etudes などが演奏されました。
奏者は、Herbert du PLESSISさんで、Steinwayのピアノを弾いていました。

この教会は小さくて、パイプオルガンもない教会ですが、Steinwayのピアノの音色が建物全体に響き渡っていました。
さすがに石造りの建物は響きがいいです。
とても素敵な1時間半を過ごしてきました。


ところが・・・
ちょうど夜9時半に教会の外に出ようとしたら、かなりの雨が降っていて・・・
私は今日はずっとトートバッグの中に折りたたみの晴雨兼用(でもフランスでは雨専用)を入れていたのに、教会に来る前にアパルトマンに荷物を置いたときに、傘の入ったトートをそのまま置いてきてしまったので、いざという時に傘がない!!!
仕方ないので、マフラーを頭から首にかけて巻いて、小走りで帰りました。

なんとか無事アパルトマンにたどり着き、遅い夕食を摂りました。

これから明日のために、予習&復習です。。。。。。。。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。