So-net無料ブログ作成
大聖堂・教会・・・・・・ ブログトップ

サン・シュルピス教会へ~~~9月22日 [大聖堂・教会・・・・・・]

サン・シュルピス教会.jpg
サン・シュルピス教会

今日は晴れていました。
でも、私のアパルトマンのある建物は周りを建物に囲まれた3階なので、日差しはなかなか入ってきません。
午前中は部屋の中は暗めです。
前のアパルトマンは5階だったので、天窓が3つもあって、とても明るかったです。
南側がちょうど中庭&通路になっていたので、日差しが部屋の中にまで入ってきたし・・・
こちらは狭い路地に面していて、日は遮られているから、電気をつけないとならない・・・
うーん、どちらもよい点がそれぞれあるな。。。。。。

今日はお昼過ぎまで部屋にいたのですが、午前中早くから人の騒々しい声が聞こえ、何だろうと窓から外を見たら、私のアパルトマンの門がある路地の奥に大勢の人がいました。


続きを読む


たどり着けなかったサンジェルマン・ロークセロワ教会 [大聖堂・教会・・・・・・]

今日は、午前11時半からのサンジェルマン・ロークセロワ教会でのミサの様子を見に行きました。

ポンピドーセンター脇をセーヌ川に向かって歩いて行き、サンジャック塔の先、橋の手前で右に曲がり、路地をひたすらルーブルに向かって歩いたら、行き止まりに・・・
歩いてきた道がサンジェルマン・ロークセロワ通りだったので???と思いながら、道路にいた人に教会への道を聞いたら、この裏側だから、左に見える大通りを右に曲がっていったところ と・・・

言われたとおりに大通りを右に曲がって少し歩いたら、サマリテーヌの廃墟が見え、サマリテーヌの前で右を向いたら”大きな教会”が見えたため、右に曲がり、そちらに向かって歩いてしまいました。

だいぶ歩いたら工事現場の中の囲った通り道になり、「あれっ?、ここレ・アールじゃない?」・・・
巨大な建設現場のなかの通り道を抜け、たどり着いた教会は、いつものサン・トゥスタッシュ教会でした。
(レ・アールは現在再開発工事中で、巨大な建設現場になっています。)
やっぱりこの教会は他に比べて大きいようで、セーヌ川のそばからでもすごくよく見えたので、釣られて歩いてきてしまった。

結局、この教会のミサの様子を見てから、すぐ脇に出ていたマルシェで買い物をして、アパルトマンに戻り、昼食をとりました。

アパルトマンに戻って地図を確認したら、サマリテーヌの裏側を右に入ってすぐに目的のサンジェルマン・ロークセロワ教会がありました。
私は、1つ手前で右に曲がってからしばらく歩いてしまっていた。。。。。。
でも、早足で5分くらいでサン・トゥスタッシュ教会までたどり着いたので、パリの街中は地図でイメージするより近いです。


夕方5時半からサン・トゥスタッシュ教会でオルガンのコンサートがあったので、またまた5時過ぎに出かけました。
今日は、6時からのミサの前の30分間、パイプオルガンの音色が巨大な空間の中に響いていました。
曲目は、 バッハトッカータとフーガ、BWV538とBWV540の2曲でした。

ここのオルガンは、ベルリオーズやリストも演奏したことがあるそうで、こんな空間での素敵な響きに日頃接することができるヨーロッパの人たちっていいな、といつも思います。
大聖堂・教会・・・・・・ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。